酒臭い?出勤するか迷った時のために

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

飲み過ぎた次の朝、出勤するか否か迷うことってありますよね。不真面目とか非常識とか以前に、まずリアルとして飲み過ぎてシッカリ残ってしまっているのだから、後悔や反省はさておき、究極の判断をしなければならない時ってあると思います。

意外と周囲の人にはわかる?

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-PAK93_uwaaaaaaaa20140322-thumb-autox1000-16831

いろいろ悪あがきをして、自分ではお酒のにおいを感じないくらいにまで抜けたなーと思って、がんばって出勤しても、

「本当に大丈夫かな?」

「バレないかな?」

と、ずーっと不安で仕方ない時ってありますよね(-_-;)

実は、まったくお酒を飲まない人やお酒が弱い人はアルコールのにおいに敏感なので、ちょっとでも残っていればわかるそうです。ですので、上司がそういう人だった場合は、どんな悪あがきも無駄になる可能性が大です。

そうでなくても、やっぱり不安で仕方ない、気になって仕事に集中できそうにない……「出勤するか?」「思い切って休んでしまうか?」の最終ジャッジメントをしなければならないそんな時、コレがあると便利です。

アルコールチェッカーです。

アルコールチェッカーの値段はピンキリですが、”万が一”の時のために手元に置いておくくらいならこのくらいのもので十分です。

ちなみに、飲酒運転で逮捕される基準は0.15mg/Lです。検問で、「あれ、お兄さんお酒飲んでない?ちょっとコレに息吹きかけてもらえる?」って言われちゃう濃度ですので、すなわち万人にバレる濃度です。私は個人的に危険ラインは0.1だと思います。

あくまで目安として、ですが、お酒のお付き合いの激しい方は、最終判断のためにひとつ手元に置いておくことをオススメします。

広告