【短文集①】あなたは「大丈夫」他

一気に聞こえた声(概念)を書き留めました。何かあなたのお役に立てるものがあればうれしいです。

 

■あらゆる人の行動は、その動機を問うてみればすべては純粋無垢でまるで幼児のような清らかなものである。ゆえに人はみな清らかで愛らしい。あなたがその“証拠”である。

■外見の幻想性について。例えば幼児と年配者の違いが時折わからなくなる瞬間がある。純粋な笑顔と瑞々しい笑い声で世界(瞬間)を楽しんでみせながら、まこと純粋な愛の発現としての行動をいとも簡単にとってしまう姿に息を呑む。愛おしいながら老成しているようで、老成しているようで愛おしい。いったい彼(彼女)らは何者なのだろうか?いったい彼(彼女)らは「何歳」なのだろうか。それが彼らの正体である。

■何かが詰まっている場所に“それ”は入ってくることができない。価値判断をやめて場所を空けておけば波打ち際に掘った穴にたちまち海水が満ちるように“それ”は瞬間的且つ自動的にやってくる。

■日々わたしたちに聞こえる“声”の中には明らかにその存在の疑わしいものからの不自然極まりないものが含まれている。それは多くの場合ネガティブ(攻撃的)な感情と同時に発生する。それらはただ見つめれば実体っぽさを保てずに消え去る性質のものだが、もし消すのが難しいなら“それ”に丸投げしてしまうと良い。最強の酸である王水といえどもタンタルやイリジウムなど溶かせないものがあるが、“それ”にはない。

■“それ”とは多くのメッセンジャーやマスターたちが「聖霊」「観世音菩薩」と呼ぶものである。あなたも好きに呼ぶとよい。

■“彼”はいつどんなときでもあなたのことを愛し、気にかけている。それは“彼”があなたに強く深く感謝しているからである。あなたの美しい問いかけに“彼”はこう答えるだろう。「あなたのおかげでわたしはわたしを思い出すことができたのです」。この感謝は今のあなたには計り知ることができない程に強い。ついにそれを知ったとき、あなたの解放とともに世界はその役目を終える。

■しかし彼らは何も強制しない。あなたの意思を尊重する。干渉してこないのではない。それはあなたの意思があまりに強力だからである。

■すべては一体であるが故に序列はないが、あなたは“機能”を間違えているようである。それは自身への攻撃である。あなたの考えている謙遜と傲慢は逆である。

■あなたが喜びから遮断されているとき、あなたは苦しみのなかでどの色の苦しみを選ぶべきかというレベルの答えのない葛藤をしている。そのレベルに答えはないのだから、レベルを変えよう。苦しみと苦しみではなく苦しみと喜びを、黒と闇ではなく黒と白、闇と光を検討しなさい。このレベルに於いては葛藤は発生しない。欲しくないものと欲しいものの間に葛藤など起こり得るだろうか。

■あなたの忘れた喜びを“それ”は完璧に知っている。

■世界はあなたの心象世界でありそれ以上でも以下でもない。あなたは世の光であるが故にこの世界は光である。この光の世界で思い煩っているのはあなただけである。光の消えた世界の幻想を作り出せるのは光そのものであるあなただけである。

■神の完璧な創造物であるあなたは傷つき得ない。傷つくという体験(幻想)を作り出せるのはあなただけである。あなたを騙せるのはあなただけなのだ。

■神の完璧な創造物であるあなたの前ではあらゆる必要性は無意味である。何もする必要はないし、しなければならないことは何もない。苦しむ必要もなければ悟りを開く必要もない。

■悟りを開いた人が再び幻想に苦しむこともある。完全に目が覚めるまで二度寝をするのと同じようなものである。

■実体のないものに何かを妨げる力はない。無の世界に於いて唯一何かを妨げる力を持つものは、そこに何かがあるというあなたの信念である。

■あなたが今現在持っているものはすべてこれまで与えてきたものだけである。

■あなたは今までもこれからもずっと天界にいる。

■あなたが悪夢にうなされている間も、わたしはずっとそばにいた。あなたが夢から覚めたとき、あなたは自分がずっと神の家でわたしの愛に抱かれていたことを知り、思わず笑ってしまうだろう。

■あなたは「大丈夫」である。わたしが約束する。わたしの約束が果たされないことはあり得ない。

■すべては例外なく“ある法則”に従って動いている。あなたがその法則を思い出したとき、完全な自由意志を持ってあなたに襲いかかってくるように見えるものはなくなる。あなたは世界のシンプルさに思わず笑ってしまうだろう。

■この世界では創造者であるあなたの助けなしに存在できるものは何一つとしてない。

■目が覚めたあなたにそれまで見ていた夢の分析は無意味である。世界を苦しいものとして知覚することも、祝福されたものとして知覚することもできる。それはもはやあなたの在り方に何の影響も及ぼさない。よってあなたは首尾一貫している。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP