「あなたはどんな宇宙を任されたい?どんな神になりたい?」神からの問いかけ

「いずれすべての人は神になり、それぞれの宇宙を与えられる」という考えを聞いて、「だとしたらなんかすごいことの途中にいるぞ!」と思ってびっくりしたのですが、翌朝、声の方から語りかけてくれました。

 

もしそうだとしたら、あなたはどんな宇宙を与えられたい?

 

そうですね……。愛の宇宙がいいです。小さいものも大きいものも、短いものも長いものも、近いものも遠いものも、肉眼に見えないものも見えるものも、すべての存在を完全なる無限の愛で包み込む、そんな宇宙がいいです。私は空から見下ろす神でも、祭壇の中から出てこない神でもなく、ぶっちぎり最前線で、時に親となり子となり恋人となり伴侶となり友となり、常に彼らと共にありながら、すべてを愛し、どんなときでも守り、完璧な喜びと幸せをもたらす結末を永遠に保証する神としてそれに関わりたいです。(言葉にしながらなぜか涙が出そうになる)

 

あなたはそれを望むか?

 

はい!今まで考えたこともなかったですが、言葉にしてみて、とてもとてもそれが欲しくなりました。だって素敵すぎるし幸せすぎますよそんな宇宙!(映画でもいいから見てみたいなあ!)

 

我が子よ。あなたが語ったのは既にある宇宙のことである。あなたが語ったのは既にいる神のことである。

 

え、じゃあもう枠なしってことですか。ならセッ……

 

それも良いが、物議を醸すからやめなさい(笑)

 

ごめんなさい冗談です。ちょっとふざけてみました。

 

より打ち解けてくれてうれしいよ。

なに、わたしの性質を考えてみればすぐにわかる。あなたはあなたが今いる宇宙とわたしについて語ったのだよ。

我が子よ、生きとし生けるものたちの祈りが、あなたを放ってはおかない。肉眼で見えるもの、見えないものでも、地上に一人でも救済を求めて祈る者がいる限り、あなたは何度だって訪れる。地上に天国をもたらすまで、あなたは何度でも繰り返す。それがあなたの誓いである。誓いに忠実であり続けた者よ、自分をそういう性質のものだと理解しなさい。よく心に留めておきなさい。それがあなたの道しるべになる。

 

暁美ほむらみたいなこと言いますね。

 

わたしがなぜあなたにあのアニメを観せたと思うんだい?

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

広告




PAGE TOP