なんか思いつきで28日間の断食をした話

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

何年か前、セクシーなおねーちゃんのいるお店に勇気出して一人で行こうとして、でも恥ずかしいな、無料案内所とか怖いな、ぼったくられないかな……うん、やっぱ帰ろう!ってなった帰り道に、ふと「あ、断食しよ」とか思って28日間の断食をやってみたことがあるんですけど、その効果が思いのほか素晴らしかったのでちょっと語らせてもらいますね。

断食をすると身体機能が中から覚醒するっぽい

まず、断食をするとこんなスゴい効果があるよ!っていうのを、実体験からご紹介します。

  • 味覚改善→ごはんがめちゃくちゃ旨くなる
  • ダイエット→5kgくらいなら簡単に落ちる
  • お金が貯まる→何も食べないのでお金が減らない減らない……
  • 睡眠が短くなる→内臓が仕事をしないので短眠に。3時間くらいで勝手に目が覚めるよ!
  • 禁煙できる→断食3日目にもなると、煙草の臭いが耐えられなくなる
  • 集中力大爆発→脂肪を消化するときの副産物“ケトン体”の効果
  • 免疫力大爆発→「栄養が足りねえんだテメエ食っちまうぞ」モードになるので体内の不要なものは何でも食う。例えばがん細胞とか
  • 多幸感→ケトン体は終わらない爽快感と高揚感をもたらす。※断食をこじらせて拒食症になってしまう人が一定数いる原因
  • 無敵感・万能感→悩みとか不安とかまじでどうでもよくなる。体はそれどころじゃないし、脂肪から作られるケトン体は(以下略)

冒頭の文からもわかるとおり、当時の僕はめちゃくちゃ病んでいた。

原因は主にクソみたいな職場の人間関係。

 

なんで

「セクシーなおねーちゃんと戯れたい!」

が、

「断食しよ」

になったのかは今でもわからないけれど、結論から言うと、断食4日で悩みとか嫌味な上司とかすべてブッ飛んだ。

 

ついこないだまで寝ても覚めても頭からこびりついて離れなかった、数字とか部下の育成とか上司との人間関係とかが、びっくりするくらい

「まじでどうでもいい」

と思えていて笑った。

 

「だってお前ら栄養にならねーんだもん」

 

うん、間違いなくそう思ってたと思う。

もしかしたら、クヨクヨ悩むとか、愚痴を垂れるって、体の生命活動からするとすごく余裕のあるときにしかできない贅沢なことなのかもしれませんね。

広告


断食開始5日目にして気づいた“死の危険”

すごいポップに始めた断食だけど、5日目にしてもう

「腹減った死ぬ」

みたいなのは全然なくなっていて、むしろ

「今までの俺は死んでたんじゃないか」

と思うくらいの、全身の感覚という感覚が研ぎ澄まされた全能感と爽快感を堪能していた。

 

「え、なにこれすごいやん」

「え、え、この先俺どうなってしまうん?」

まるで、風俗店で勇気を出して申し込んだ目隠し60分コースの開始10分のときみたいに、僕は次々押し寄せる未知なる感覚にめちゃくちゃドキドキ&そわそわしたので、とりあえず

【断食 体験記】【断食 効果】

とかそんなんでググってみた。

 

最悪死ぬ。

って書いてあった。

 

 

ただし、「回復食をミスると」という条件つき。

回復食とは、断食明け一発目に食べるごはんのこと。

 

つまりあれです。

 

「断食終わったぜぇぇぇぇぇ!!」

 

 

 

 

 

「Ah俺の肉への熱い思いがリミットブレイクだぜ!!」

 

 

 

 

 

「肉ヤバい超ウマ。まじ肉愛してる」

 

 

 

 

 

最後の晩餐

 

ということです。

 

真面目に説明しますと、断食明けの胃腸はしばらく消化活動を一切していなかったので、めちゃデリケートな状態なのです。

そこにいきなり、ジャンクフードとか肉とかを入れると、胃腸がびっくりして胃痙攣や腸捻転という激痛を伴うやつになって、最悪死んでしまうこともあるそうです。

 

なので、断食明けは、飲めるんじゃないかと思うくらいのドロドロのお粥!!(もちろん常温)。これ一択です。

 

 

思いっきり、

「断食終わったらジャンクフードしこたま食っちゃる」

とか考えていた僕は、軽く死亡フラグが立っていたわけです。あぶねー。

広告


しばらく閉じていた霊感がフルオープンになって慌てて断食終了

断食を中断する理由は人それぞれだと思いますが、僕の場合はコレでした。

思いっきりスピリチュアルな話になるので、嫌いな人は読み飛ばしちゃって下さい。

 

ぶっちゃけた話、当時僕の部屋に遊びに来てくれてた人には悪いんですけど、僕の部屋のすぐ裏に霊道が通ってたんですよね。
※霊道:幽霊がめちゃくちゃ通る見えないストリート。近隣では心霊現象がダントツで起こりやすい。

で、部屋でもちょいちょいそれっぽい現象が起こってたんです。

 

僕はもともと霊感があって、がんばればそれなりにお祓いもできるので気にしていませんでした。

 

ただ、他の霊能力者さんは知らないけど、僕の場合はめちゃくちゃ燃費が悪くて、霊感スイッチがONになっているとものすごい勢いで体力ゲージが減っていくわけです。

なので日頃はスイッチをOFFにして生活しています。

まあ、別に幽霊視えんでも何も困らんし。

 

ところが、断食20日目あたりから、霊感常時フルオープン

しかもすごい出力。

でも、不思議と全然疲れない。

そしてその出力は日に日に強くなっていくように感じました。

 

「あ、このままいったらなんか戻れんとこまで逝きそう……」

と思ったのと、たぶん僕が引っ越してくる前からそこに霊道はあったわけで、なんかこのままだと僕が“隣に引っ越してきた生活音のうるさい隣人”みたいになりそうで、断食中断を決意。

正直、このままいったらどうなるかも見てみたかったけれど。

広告


おわりに

きちんと調べていたので、断食明けの回復食は超絶グツグツして液体みたいになったお粥に塩と白ごまをかけたやつにしました。

この世にこんな旨いものがあったのかと思うくらい美味しかったです。

冗談抜きで、ちょっと涙ぐんじゃうくらい美味しかった。

 

 

「プチ断食」

「半日断食」

「週末だけ断食」

「三日断食」

とかいろいろ言われてますけど、個人差はあるので正解はないと思いますし、僕みたいに28日もやる必要もないと思います。

 

とりあえず断食を始めて、触ってサラサラするオリーブオイルとか亜麻仁油みたいな顔の脂が出始めたら、体の中の代謝機構が切り替わったとみていいと思います。

つまり、脂肪が代謝されてケトン体が出始めている、と。

僕の場合は4日目からこの体感がありました。

この前後でメンタルの変化、意識の開放感も出てきます。

 

 

実際に28日間の断食をしてみて、意識の自由度が上がったな、と感じました。
※抽象的ですみません。

 

あと、

「もしまた八方塞がりのヤバい状況になっても、断食すれば俺はみなぎれるんだ」

と知りましたので、断食をしていない状態でも、まるで超強力なウエポンを持っているような安心感があります。

 

なお、ここぞという夜にあなたをおっ立てる超強力なウエポンはコチラです

※購入方法の解説はコチラ

 

以上です。ありがとうございました。

広告