【体験】見過ごす実践と「ある言葉」による強い浮遊感

奇跡講座にあった「ありのまま見過ごす」というレッスンの実践と、思いつきで唱えだした“ある言葉”によって、肉体から現実感が薄くなるという体験をしましたのでご報告します。

 

ここ最近、毎日何かしらの変化があり、今までみたいに、思わず「早く終わらないかな―」とぼやいてしまうぬるい水飴のような日々が続く、というのはなくなりました。いや、もしかしたら、これまでもほんとうは毎日変化があったのに、何かに囚われている私がそれを見落とし続けていただけなのかもしれません。

 

この日の早朝、<夢日記をつけていたら受けた注意と神との対話「次は思考を見張りなさい」>の記事を書いた後だったか、知人との話のネタで、コロナウイルスについて調べている際に「私は光です。私は愛です。私はすべてです」という言葉に出会い、何か感じるものがあったので覚えておくことにしました。

 

「夢日記をつけていたら」の対話で「言葉も見張れるようになったのだから、次は思考を見張りなさい」と言われましたので、この日はひたすら思考を見張りました。また、<贖罪がよく理解できていなかった私と神との対話「そのようにすべての人を」>の記事であった、

 兄弟が狂気の振舞いをするとき、あなたは彼のなかの正気を知覚することでのみ、彼を癒せる。あなたが彼の誤りを知覚し、それを受け入れるなら、あなたはあなた自身の誤りを受け入れている。あなた自身の誤りを聖霊(ホーリースピリット)に差し出したいのなら、あなたは兄弟の誤りについてもそうしなければならない。この方法ですべての誤りに対処しない限り、あなたはどのようにすべての誤りが取り消されるかを理解できない。これは、あなたが自分が教えることを学ぶというのと、どう違うというのだろうか。あなたの兄弟はあなたと同じように正しい。彼が間違っていると思うなら、あなたはあなた自身に有罪判決をしている。(イエスとブッダが共に生きた生涯(ゲイリーレナード)250ページより引用)

(長いので冒頭だけ引用しました)の部分と、その後読み進めた「奇跡のコース(大内博訳)」の内容から、視界に現れるすべての人を如何なる価値判断もせずに見て、仮に価値判断をしそうになっても即座に消し去るよう努め、もし誤りが知覚されるようなことがあってもそれを即座に見過ごして彼のなかに正気を知覚し、どんなものにも人にも“在り方”を左右されず、されてもすぐに気づいて在り方を愛に戻し、常に微笑んで“今”にだけ対処するように努めました。続けていくうちに、深いところで完璧に安心を感じるようになりました。安心すると、すべては愛おしく感じます。これ、すごい快適(笑)

小学3年生から釈迦のファンになり、「すべてのものをありのままに受け入れて見過ごす」という教えに触れたけど、未熟者ゆえ心がすぐに大騒ぎしてしまい、幾千回(もっとかな?)と断念してきました。それが、こんなに簡単にできて、なおかつ「一回その味を知ってしまったらもう戻れない」性質のものだったなんて思いもしませんでした。

 

だんだん慣れてきたときに、ふと「私は光です。私は愛です。私はすべてです」の言葉を思い出し、唱えることにしました。

すると、いきなり全身の力が抜けて溶けるような感覚がしました。力が入らないんです。いちおう人の目がありますから、手の置き場所に困ったのですが、腕が上がらないので下腹部で手を組むのがやっとです。

まあ驚きますよね(笑)完全にへんな人。とりあえずこの日は適当なところでやめておしまいにしました。

 

翌日、しっかり時間がとれたので、本気で10時間くらい唱え続けました。(私は不思議に思ったらどこまでも突撃してみたい人なんです)

唱えていくうちに

「私は光であり愛でありすべてである」

に変化しましたが、やっぱり抗えない感じで力が抜けます。

続けていると、最高に気持ちよかった温泉から上がった後とか、全身麻酔が効く寸前みたいな浮遊感がきて、現実感が剥がれ落ちていきました。

時々時計を見ても、例えば「14:53」を「1」と「4」と「5」と「3」の数字の羅列にしか感じません。あと、先日からちょいちょい感じていたので驚きませんでしたが、光もこれまでにないくらい強く生生しく感じました……が!それもありのままに受け入れて、見過ごしました。「在るなら好きなだけそこに在りなさい(微笑)」という感じです。

すごく快適で、芯からリラックスを感じていて、それでいて「すべてをありのままに受け入れる」というレッスンもほぼノーミスででき“ている”という、なんだか自分の視点から自分が主役の映画でも見ているような、そんな感覚でした。

ちゃんと気がついたときには夜になっていて、「嘘!?」「あれ、今日私“どこに”いたんだろう?」って感じました。唱えるのをやめた後も、肉体の臨場感(実感?)が薄まった感覚は戻らないまま今に至ります。

 

もし、これを読んであなたも何か感じるものがあったなら、唱えてみてください^_^

私も、久しく忘れていた好奇心が大爆発していますので、これからも唱え続けて、このサイトで経過を報告します。

 

 

以上です。

いつも読んでくださりありがとうございます。

 

追記:実はこの日、別の不思議な体験も同時進行していたのですが、内容がごっちゃになって伝えたいことが散らかるので、それは別記事にします。

追記②:できました→愛が手に余ったから宇宙にぶちまけたら頭痛がした件

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP