好きなことで生きていく

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

っていうじゃないですかー?でも、これってそのままだと誤解があるなって思う。好きなことで生きていける人って、本当に限られていると思うし、その域に到達するまでには、やっぱりそれなりの困難を乗り越えなきゃいけないと思うんだ。

誰しもがきっと憧れる人生だと思う

gf1420572668w

例えば野球が大好きな人がいたとして、小さい頃から野球をみっちり教え込まれて、甲子園に出てなんやかんやで活躍してプロになって、メジャー行って……もし彼に「今までを振り返ってみてどうですか?」ってインタビューしたら「最高に幸せな人生でした」ってきっと言うと思う。

でも、絶対に途中辛いことに耐えてきたはずなんだ。人間は必ず飽きる動物だから、最初好きだったことがずっと好きでい続けるなんて自然ではありえない。嫌になっちゃうこともあったろうし、やめちゃおうかなって思うこともあったと思う。それでもやめなかったのは本人の意志と工夫の賜物だ。

もっと接近しちゃうと、例えばブログやら動画を作って広告収入で不労所得でウハウハなんて、確かに入り口がすごく抽象的だから、そんなコピー打たれたら

「なんやそんなことで楽して好きなことして生きていけるんかい」

ってなると思うけれど、僕のような一般人がいきなり参入してそれこそ

「よっしメタルダーとかウルトラセブンのブログとか動画ガンガン作るぞー」

って好きなジャンルだけで勝負を仕掛けたところで、果たしてそれに繋がる広告収入ってどの程度のものだろうか?

めっちゃコアな得意分野がある人はいいとして、多くの人の得意分野には既にさらに上をいくスペシャリストがいるものだ。

もちろん、好きなこと、楽しめることが最もポテンシャルを発揮できるので良いのだが、例えばブログをやるにしても、

デザインは?
htmlとかcssの知識は?
文書の書き方は?
キャッチーなコピーは?

……とか、当然「吸収しなければならない知識」が出てくるし、それを得るためには時間も、ある程度の投資も必要になってくると思う。

自分のポテンシャルを最大限発揮して、さらにはそれで人様からお金を頂戴しようとしているのだから、相応の知識や魅せる技術は必要不可欠だ。

それに、もし最初から自分の好きなジャンルだけで勝負をするのなら、当たり外れが出る。まるでこれまでの人生経験をすべてBETしたギャンブルみたいになってしまう。もちろんその中で成功するのは、まだ誰も知らなくて、且つ誰しもが知りたいようなジャンルの得意分野を持っている幸運な人だ。

結局はみんなそこで「好きなことで生きていけるんじゃねーのかよ」って挫折する。広告収入を得るためには、ある程度広告主にこちらから擦り寄らなければならない。

メタルダーやウルトラセブンも時代が変わっても全然風化しないめちゃ素敵な作品だけれど、僕がメタルダーやウルトラセブンのフィギュアやDVDや関連グッズの広告収入だけで悠々自適な成功者ライフを送れるかといったら疑問だ。

広告収入は生産業じゃない、あくまで宣伝業だから胴元よりは圧倒的にマージンが少ないのは否めない。もっというと、どんなに好きなことであろうといつかネタは尽きる。そうなると、次の新しい「紹介できるネタ」を探す努力が必要になってくる。この時点で「好きなことで」からは外れてしまう。だから幸福なのは、そもそもブログを書いたり動画を作る作業自体が「好きなこと」な人たちだ。

広告


不労所得……欲しいなあああ!!

cropped-fortunato-main-image-example.jpg

僕の感覚だけれど、不労所得っていうのは、遊んで暮らせる分の【価値】を先に生み出してしまうことで得られるものだと思う。

努力が~とか子どもみたいなことは言わない。大人の世界は努力=価値ではない。子どもの頃に努力と価値が限りなくイコールに近かったのは、時間がたくさんあったからだし、何より将来、社会に対して価値を生み出せるようにする為の準備をするモラトリアム期間だから、努力して能力をつけることこそが価値そのものだ。

でも、少なくとも現在のこの不満タップリな現状をもたらした腕前確かな自分が、明日からいきなり不労所得で生きていけるなんて思えないし、数年後にそれを手に入れるとしても、それにはそれ相応の苦労やら努力が必要なことは想像に容易い。

いきなりスピリチュアルな話になるけれど、お金は何千何万の人の手を渡り、それなりの念を吸った、いわばいわく付きのパワーストーンのようなもんだ。それを上手に扱い、且つより多く自分に引き寄せたいと思ったら、自分もそれ相応の人間にならなければならないと思う。

お金さんが人の何を見て判断しているのかは知らないけれど、結局はお金は人を仲介してでしか自分のもとへ来ないから、きっとお金に好かれる方法は人に好かれる方法とある程度イコールなのではないかな、と思う。

楽して儲かる方法があったら

9212b33cea3c135189b559e096fd74f4_s

話が散らかってしまった。つまり、楽して儲けようとか考えると、確かにいる悪意を持ってそれを仕掛けている人たちに足元をすくわれるよ、ということ。

僕は根っからの怠け者なので、今まで何度もそういう罠にハマった。何をするにも泥臭いことはつきもので、それをすっ飛ばしてイケるようなこと(「1日5分の作業で月何百万」とか)が謳ってあったら要注意。そんな方法がもし本当にあったら僕なら人には教えないで、今後何代も僕の子孫が繁栄するような強力な利権を作る。

泥臭いことをやり続けるにはそれなりに努力がいるけれど、僕は努力はキライだから、いつでも無理矢理にでも楽しい気持ちでいるようにしている。この努力は心にマイナスな感情が起こった時の一瞬で終わるので全然苦じゃない。

いつも楽しい気持ちでいるようにしていると、不思議なもんでなんかツイてる感じになってくる。神様?に「楽しいコトもっとくれよ!」ってオーダー出しまくってるようなものなのか?そのへんのメカニズムはよくわからないけれど、僕はまだまだ課題タップリの未熟者だから、今でもいろんな困難がちょいちょい襲いかかってくるけれど、なんか向こうから勝手に解決してくれる。いや、僕が無意識に解決しているのかもしれないけれど、本人にその自覚はない。

だから、「楽して儲ける」じゃなくて、どうせ儲ける道のりがいばらの道ってわかっているのなら、もう開き直って鼻歌なんて鼻ずさみながらスキップで行くような、「楽しく儲ける」工夫をしたほうが、絶対に確実だと思うんだ。

おっさんのオススメ

525eff20c1dedfeb183fd36d632617c4_s

そこで、僕がオススメしたいのは天国言葉部屋の掃除だ。とくになんか行き詰まりを感じている人は玄関を、横になって寝られるくらいにキレイにしてみるのがオススメ。

お金の話じゃないけれど、外で何を踏んで来ているかわからないでしょう?もしかしたら、ある一族を滅亡に追い込んだ呪いタップリな禍々しい石の欠片とか踏んじゃってるかもしれない。ウチの玄関に落ちている砂粒がそれじゃないとは言い切れない。

だから僕はいつも、とくにお客さんが来る時なんかは玄関を死ぬほどキレイにする。100均のかわいらしいほうきとちりとりでゴミを取ってから、食器用の中性洗剤(←万能)でゴシゴシ磨く。そして最後に消毒用アルコールでフィニッシュ!最後のはとくに意味はない。飲食店で働いていた頃のクセで、なんかそれをやると終わった気持ちになるからだ。

 

こんなことを書いている内にもう4時だ。もう朝じゃん。これだから秋の夜長は怖い。オチもないダラダラしたウザい文章を最後までお読み下さり、ありがとうございました。今から寝ると絶対にロックンロールなので、僕は完徹する。明日は眠眠打破とおトモダチだ。

<P.S> 結局寝ちゃってロックンロォォォーール!!!!

広告