めちゃ恐ろしいリーキーガット症候群について

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

腸内膜に微細な穴が開いて、体内や血液中に毒素や未消化の物質が流れ出す、ですってぇぇぇええ!?――そんなビックリな病気リーキーガット症候群について、症状と改善法をご紹介します。

日本人の7割がかかっているというリーキーガット症候群とは

リーキーガット症候群

という言葉をご存知ですか?

日本人の約70%がかかっているかもしれないといわれている病気なのですが、それにしては認知度が低い気がします。

 

――ほほう。

ということは知れ渡っては困る輩がいるのだな?

 

 

 

 

kakusan

よろしい、ならば拡散だ。

腸内膜に微細な穴が開く

リーキーガット症候群は、英語では

Leaky(漏れる)Gut(腸)Syndrome(症候群)

と書きます。

 

その名のとおり、腸内環境が悪いまま放置され進行しまくった結果、腸の内膜が薄くなってしまい、ついには微細な穴が開いてしまった状態です。

昨今ではストレスやら乱れた食生活で胃に穴が開いちゃう人もいますよね。その腸バージョンです。

 

腸の場合も、食生活やストレスはもちろんですが、悪玉菌の出す毒素も大きな原因です。

リーキーガット症候群になるとどうなるのか

  • アトピー性皮膚炎など皮膚疾患
  • 頭痛や腹痛、発熱など
  • 耳鼻咽喉系の不調
  • 食物アレルギー
  • 過敏性大腸症候群など腸絡みの不調
  • 体臭がキツくなる
  • 太りやすくなる
  • 下痢気味になる
  • 便秘気味になる
  • 関節炎
  • 更年期障害や子宮筋腫など産婦人科系の不調
  • 痛風
  • 冷え性
  • 慢性的な倦怠感
  • 高血圧
  • うつ病や統合失調症など精神の不調

なんでもありじゃねーか!!

と思われた方、そうなんです。なんでもありなんです。

 

腸内膜に穴が開くと、腸内の悪玉菌が出す毒素や消化途中の食物が血液中に漏れ出します。

そのため、免疫機能がビックリして反応してしまうようなアレルギー系の症状が多いのですが、全身を駆け巡る血液が汚れてしまうので、起こる不調は未知数です。

 

さらに、腸内膜に穴が開くほど腸内環境が乱れた状態では、人間の幸福感や充実感を司る、テンションの土台になる重要なホルモン・セロトニンの生産も滞ります。

よって、精神的な不調も併発することになります。

もしかしてリーキーガット症候群?

肉体に表れる不調は多岐にわたり、

「これが出たからリーキーガット症候群!」

という決め手になるものはなかなかないのですが、下記の条件が揃った場合はリーキーガット症候群の対処法をとってみることで改善する可能性があります。

  • 突然おならが臭くなった(しかも続く)
  • 突然下痢が続くようになった
  • 突然お酒が抜けなくなった
  • 突然サプリメントの体感が薄くなった

この「突然」というのがポイントです。

薄くなりながらもなんとか持ちこたえていた腸内膜が限界を突破し、ついに穴が開いて、それまで血液中になかった物質が漏れ出すのです。不調は突然訪れます。

さらにここに

とくに精神的ダメージを受けたわけでもないのに気分が暗い

が加われば、原因は腸とみてまず間違いありません。

広告


リーキーガット症候群を改善するには

%e6%94%bb乳酸菌や乳酸菌生産物質を積極的にとる
%e6%94%bb亜麻仁油やえごま油など必須脂肪酸を積極的にとる
%e6%94%bb断食をしてみる←最強
%e5%ae%88人工甘味料を避ける←絶対
%e5%ae%88とりあえずお酒をやめる

リーキーガット症候群を改善する方法はわりと力技になります。

なんてったって腸内膜に穴が開いているのですから、腸にとって迷惑なものを摂り入れないように気をつけながら、とにかく腸を大切にして修復されるのを待つしかありません。

乳酸菌や乳酸菌生産物質を積極的にとる

腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えましょう。

現在悪さをしている悪玉菌を減らし、腸内膜の修復がスムーズに行われる環境を整えます。

亜麻仁油やえごま油など必須脂肪酸を積極的にとる

亜麻仁油やえごま油などの必須脂肪酸は、腸内膜だけでなく、傷ついた粘膜細胞を修復する良質な材料になります。

サプリメントでもいいでしょうし、大きなスーパーでしたら1,000円しないくらいでオリーブオイルみたいに売っています。

パンにつけたり、サラダにかけたりして、熱を通さないで使います。

断食をしてみる

胃や腸を完全回復させる、最終にして最強の方法です。

腸に一切仕事をさせずに、蓄えられた脂肪を分解させながら、回復に専念させます。

 

余程のことがない限り1日で十分なのですが、2日以上やる場合は回復食(断食をやめてから一番最初に摂る食事)に要注意。

いきなり肉とかジャンクフードとか刺激物などをとると、腸が驚いて腸捻転(腸が痙攣して捻れる。激痛)を起こすことがあります。

回復食は飲めるくらいにドロドロの常温お粥がベストです。

人工甘味料を避ける

人工甘味料は腸内の善玉菌を死滅させます。減少とかじゃないです。死滅です。

せっかく乳酸菌や乳酸菌生産物質をとって腸内の善玉菌を増やしても一気に無駄になります。

 

日常にあふれているソフトドリンクがほんと侮れませんので、きっちり裏の成分表示をチェックして

  • アセスルファムK
  • スクラロース
  • アスパルテーム

この3つを避けましょう。

とりあえずお酒をやめる

とりあえず腸のコンディションが整うまではお酒はやめておきましょう。

腸にとっても、悪玉菌の餌になって良くないですし、なにより腸内膜に穴が開いている状態でお酒なんて飲んだら悪酔い&二日酔い確定です。

リーキーガットの状態ですとお酒はどんな悪さをするかわからない猛毒に化けますので、やめましょう。

おわりに

人を病気呼ばわりするのは嫌いですが、

「なんか知らんけど体調悪い」

「なんか知らんけど死にたい」

みたいな現代人に多い不調に悩む方は、リーキーガット症候群を疑ってみてください。

 

「なんか知らんけど」

という、原因のよくわからないネガティブ状態が一番寿命を縮めますから。

 

腸は大切にすれば大切にした分、ちゃんとセロトニンで返してくれます。

 

最後までお読み下さりありがとうございました。

みなさまのご健康とハイテンションライフをお祈りします。