【超ウケる】メタボリックシンドロームの嘘

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

国やマスコミが2006年くらいから一生懸命煽ってきたメタボリックシンドロームという病気。ここ数年でメタボほど人を馬鹿にしているとしか思えないお粗末な病気もなかなかないでしょう。怪しさ満点の創作病気、メタボリックシンドロームについて語ります。

日本におけるメタボリックシンドロームの条件

内臓脂肪型肥満(腹囲が男性で85センチ以上、女性で90センチ以上)で、
①血液中の脂質の異常
②血糖値が高い
③血圧が高い
のどれか2つに該当すること

 

前提条件でもう既に噴き出しそうなんですが、ここはグッとこらえて順番にみていきます。

広告


内臓脂肪肥満型(腹囲が男性で85センチ以上、女性で90センチ以上)であること

40~70歳の日本人男性の平均腹囲が85センチです。

これにより、40歳以上の成人男性の半数にメタボリックシンドロームへの門が開かれたことになります。大変ですね。1日1食の私ですらあとちょっとで仲間入りです。ちなみにアメリカだと103センチです。日本人厳しすぎませんかね。

 

そして女性は90センチ以上?

女性のメタボの基準に男性より太いウエストが設定されているのは日本だけです。男性に厳しく女性に緩い基準となっています。

血液中の脂質の異常

総コレステロール値220mg/dl以上。

これは閉経後の女性の約55%が該当するごく普通の数値です。男性ばっかり基準が緩くてずるい!そうです、差別はいけません。きちんと女性にも幅広く間口を開く……メタボリックシンドロームを広めたい人たちの思いやりが感じられますね。現に更年期以降の女性の多くが高脂血症と診断されて、メバ□チンなどのコレステロール低下薬などを飲まされています。

ちなみに世界の総コレステロール値の上限値は260~270mg/dlなので、これまた日本だけ極端に厳しい数値です。ちなみにですが、日本人は総コレステロール値が180mg/dlを切ると免疫力が落ちたり、うつ病になったりと、ポテンシャルが大きく下がることが報告されています。

血糖値が高い

血糖値110mg/dl以上。

正常値が~109mg/dlのところ、わずか1mg/dl上がるだけでメタボにリーチ!メタボを広めたい人たちの優しさが身にしみます。

血圧が高い

分類 収縮期血圧(上) 拡張期血圧(下)
至適血圧 120未満 80未満
正常血圧 120~129 80~84
正常高値血圧 130~139 85~89
これ以上は高血圧 140以上 90以下

中の上くらいの血圧でアウトです。

以上がメタボリックシンドローム通称メタボの基準なのですが、何かあらかじめ目的があって作られたような、該当者がたくさんいたほうがいいような、厳しすぎる不自然な基準だと思いませんか?

広告


メタボリックシンドロームの背後にやっぱりな人たち

メタボリック症候群の提唱者は、日本肥満学会・日本動脈硬化学会の理事長を務めた松澤佑次氏ですが、彼が勤務していた大阪大学医学部第二内科には2000~05年までの六年間に製薬会社からの奨学寄付金が8億3808万円ありました。そのトップは、最も売り上げの多いコレステロール低下薬(メバロチン)を製造・販売していた三共の1億1600万円。そして厚生労働省のキャリア官僚を天下りとして受け入れる見返りに、製薬会社に有利な政策を行わせる。製薬企業の集合体である日本製薬団体連合の代々の理事長ポストは、厚生労働省キャリアの天下り先なのですね。またタミフル問題では、厚生労働省で医薬品の許可を担当していた元課長が製薬会社へ天下っていました。また「厚生労働科学研究費補助金」によって、厚生労働省が医学研究者の首根っこを押さえている状況もあるようです。(http://sabasaba13.exblog.jp/7198097/より)

 

ね。

そういうことなんです。「肥満」だともう市民権がありすぎてパンチが弱いから、きちんと基準作って病気にしちゃえっていうのがみえみえですね。

生暖かく見守ってあげよう

※架空の病気です

誰でも少なからず健康に不安はあるもの。そんな時に白衣着たそれっぽい人にテレビやら広告で「それ病気かもしらんで」って言われたら、「やっべー」って不安になりますよ。でもそういうやつの多くは、金儲け目的で作られた新発売の病気なので、無視して大丈夫です。悩むと考えた人たちの思う壺ですよ。AGAとか、睡眠負債とか、ほんと退屈しないです。考えてくれている方ほんまありがとう。素敵なおじさまたちが、どっかの会議室にこもって一生懸命考えたんだろうなーって想像すると、思わずほっこりしてしまいます。

どうかみなさんも、こういう新しい病気に該当しても「はいはい私メタボなのね。気をつけなきゃね」くらいで、ニッコリと生暖かく見守ってあげましょう。

コメントを残す




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.