光を感じて感謝したら起きた変化と露骨な出来事「仕組まれていた?」

 

光の中で号泣した私と湧き出た言葉「あなたの意志が私の意志です」の記事で書いたなかなかの体験の翌々日のことです。詳細は控えますが、あれからというもの興味深いことがあちこちで起きていて、例えばダブルレインボーが出たり、知人で悩んでいた方が奇跡(救い)を感じるような出来事に遭遇したり……。

あと、私個人のことですが、強くて濃くて優しい光の球のようなものを、常に感じるようになりました。位置で言えば、眉間よりちょっと上の眼前。大きさは直径1メートルくらい。手をかざすと温かい。そして、そよ風のようで嵐のように活発な光の風も常時感じるようになりました。

最初は一瞬驚きましたし、ワクワクも感じましたが、すぐに「それは新たな抵抗(こだわり)になるな」と思い、昨今、こういうものへの抵抗が本末転倒な結果をもたらすことを痛いほど味わった私は、すぐに価値判断をやめてそれを在るがままに任せました。すると、光は放射状に強く輝くようになり、球じゃなくなりました。

あ、でも私未熟者なので、時々消えます!ぜんぜん消えます!(笑)

ただ、消えているときって私が何か価値判断を始めているときで、気づいてそれを手放すと、また光ります。(電気のスイッチみたいですね!)

 

 

さて、私は、奇跡のコースを意地になって読んでいた当時から、とくに気になった箇所をスマホのカメラで撮影してカードサイズでプリントアウトしており、それを今でも携帯しています。

これは、奇跡のコースがあまりに難解に感じたので、次に読むときの手がかり(予習)にしようと思ってはじめました。(付箋を貼ったりするとただでさえ分厚い本がもっと分厚くなってかさばるし……。難しくて相当意地になっていたんですね^^;)

いわば語学学習でいう単語カードくらいの意味合いしかなかったこれらですが、だんだん使い方が変わっていきました。

不思議なことに、毎日気になるカードが違って、もやもやしているときなど、カードをめくっているとだいたいその中に答えがあったりして驚くようになりました。昨日ものすごくグッときたカードが次の日にはどうでもよくなっていたり、そうかと思えば別の日にそのカードがまたグッときたり。

 

この日、いつものようになんとなくカードをめくっていた私は、あるカードを見て、驚きのあまり一瞬意識が飛びそうになります。

おお、我が子よ、「神」があなたのためにどのような意志を抱いておられるかを知ったならば、あなたの喜びは完璧なものとなるでしょう。そして、「神」が意志として抱かれることは既に起こっているのです。というのは、それは常に真実だったのですから。光が訪れてあなたが“「神の意志」は私の意志である”と言ったとき、あなたは妙なる美しさを目にして、それがあなたから来ている光ではないことを知るでしょう。喜びの中から、あなたは「神の名」において美を創造するでしょう。(「奇跡のコース」大内博訳より引用)

そこには、まさに私が体験“した”ことが書かれてありました。

次第に増えていったカードはなかなかの枚数があり、詳細な内容まではいちいち記憶していません。なので、このカードに再会したときものすごく新鮮にドキッとしました。

 

「単なる偶然」「そう思いたいだけの好意的解釈」と断ずることもできますし、解釈はお任せします(私は今のあなたの解釈を尊重します^_^)。

ただ「こういうことがあったよ!」という報告、記録の意味で、軽い気持ちでお話ししました。もしかしたら、何かのタイミングであなたの参考になるかもしれませんし、なってくれたらそれはそれでうれしいです。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP