新世代モンスターペアレントがヤバい

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

2002年頃から話題になっているモンスターペアレント。しかも最近ではモンスターペアレントに育てられたサラブレッド「新世代モンスターペアレント」なるものもいるらしいです。その特徴と傾向について解説します。

モンスターペアレントの恐ろしさを世に知らしめた事件

地方公務員災害補償基金埼玉県支部は9日までに、2002年に焼身自殺した同県狭山市の市立保育所女性所長について、保護者の苦情対応によるストレスで発症したうつ病が自殺の原因として公務災害と認定した。遺族代理人によると、所長への行為は他人に理不尽な要求を繰り返す「モンスターペアレント」の典型で「こうした保護者に自殺に追い込まれ、公務災害に認定されたケースは初めてではないか」としている。所長の自殺後、保護者側からの謝罪はなかった。所長は園児同士のけんかで軽いけがをした男児の両親から約4カ月間、付きっきりでの保育を命じられたり、繰り返し苦情を受けたりしたという。さらに市役所に「誠意がない」などと所長を批判する手紙が送られ、約1週間後に保育所敷地内で焼身自殺した。遺族は03年に公務災害の認定を請求したが、同支部は05年、遺書の内容などから「精神疾患が原因ではなく、保護者への抗議から焼身自殺をした」として退けた。しかし同支部審査会が昨年末、処分取り消しを裁決していた。(東京新聞 2008年1月9日 20時58分)

img_0

しかも、この所長の遺書にはこう書いてあったそうです。

「私の苦しみをそっくりお返しします」

あーあ、これ末代までしっかりいくやつですね。

このモンスターペアレントは、自分の子どもや未来の孫にとんでもない重荷を背負わせることになりましたね。何も悪くない子どもがかわいそう。

 

「自分のせいで、保育園の園長先生が焼身自殺した」

とか本気で笑えません。

 

 

焼身自殺といえば、1963年6月11日に、ベトナムの僧侶のティック・クアン・ドックさんが、仏教徒への高圧的な政策に抗議の意を示すために、アメリカ大使館前でガソリンをかぶって焼身自殺した事件が有名です。

結果、この事件がきっかけとなって起こった軍事クーデターによって当時の大統領や顧問は殺害されたのですが、なぜか生き延びた一族も謎の不幸な死を遂げたのでした。

 

焼身自殺とは、そういうものです。

広告


「よしわかった。お前ら日本から出て行け」ってなるモンスターペアレントの事例

遠足に持って行くお弁当を作る余裕がないから先生が作って持ってきて!

うるせえお前が作れ。

親が弁当を作る余裕がないが故に起こるしわ寄せを赤の他人に背負わせてどうする?それも子どもの貴重な経験だろうが。

 

会社に遅刻するからおむつ替えは保育所でやって。もしできないなら、おむつ替えで遅刻して会社から処分を受けた場合、市や保育所に損害賠償を求めることはできるのか?また、遅刻証明書などの法的に効力を持つ書類は発行できるのか?

早く起きろ。後半のは意味不明すぎて軽くSF。

お前にとって子どもとは仕事と同じように捌かなければならない日常のタスクにすぎないのか?

 

朝起きられないからモーニングコールして!

起きろ。

okiro

 

子どもがピーマンが嫌いなので給食からピーマンを抜いてほしい

「じゃあうちの子はピーマン大好きなので給食をピーマンだらけにしてほしい」

って言ったらこういう親は

「出た!モンスターペアレントや!!」

って騒ぐんやろな。

おとなしくピーマンを美味しく調理する方法を学べ。

 

うちの子は掃除や給食の当番はできないが責めないでほしい。学校がなぜ当番を守らせようとするのか理解できない。もっと大事なことに力を入れてほしい

じゃあそのもっと「大事なこと」に力を入れている学校に入れてあげたら?

 

うちの子にも賞状を下さい。もらっている子がたくさんいるのにうちの子はもらっていないんです

だからといって、「がんばったで賞」とかあげたら、

「バカにしているのか!」

「こんなの賞じゃない!!」

って言い出すんだろうなー。

 

朝礼の時に態度が悪いので大きな声で名前を呼んだら「みんなの前で叱らなくても、うちの子は後でそっと話してくれたらわかる子なのに……」

知るか。

それ今後子どもが関わる集団全部に言って回るんか?

 

「子どもが定期券を学校で失くしたので教員全員で学校中を探せ」→「探してみますけど、通学路で落とした可能性もありますよ?」→「通学路にそんな可能性があるのなら、お前たちが送り迎えをしろ!」

天上界にお住まいの方々なのでしょうか?

恐れながら申し上げますと、人間界では目的地の道中で物をなくすということが多々御座います。

どうぞその点をよくご理解の上、人間界でのバカンスをお楽しみ下さい。

どうしてもと仰せならば、私の愛車メタルチャージャーが送迎を承ります。下記の護符をお炊き上げ致しますのでいつでも仰せ付け下さいませ。

%e3%83%a1%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%bc

 

以上がモンスターペアレントの事例です。

都市伝説だと信じたいです。

日本人って「和をもって尊しとなす」っていう聖徳太子の言葉にもあるように、世界で一番和を尊ぶ民族でしょう?

なにこの人たち。

 

日本の教育を内部から崩壊させるために、どこかの国が送り込んだ工作員か何かじゃないんでしょうか?

いや、わりと本気で。

モンスターペアレントに育てられた新世代モンスターペアレントの恐怖

現在では、上記の例のような伝説を作ったモンスターペアレントに育てられた、新世代モンスターペアレントが活躍しています。

二世タレントってどうもパッとしないイメージですが、二世モンスターペアレントはなかなかの仕上がりのようです。

これまでのモンスターペアレントとの違い

113004r

これまでのモンスターペアレントは

「自分の子を優遇しろ!」

といった子ども中心の問題だったのが、

①「○○をしろ!」
②「できないなら✖✖をしろ!」
③「それもできないなら△△をしろ!」

など、様々な要求を突き付けてくるのが特徴です。

改善を望むだけでなく、ストレス発散のためにとにかく文句を言いたい!という傾向があり、結果、教師が辞めるまで続けるのです。

 

さらに、親の親、元祖モンスターペアレントであるじいちゃんばあちゃんまで突撃してくるというから、もう教育現場はたまったものではありません。

 

ほんと、どこの国の方なんですか?

私の知る限り、日本人はそんなことをしない美徳を保つ民族ですよ。

モンスターペアレントとSNSの最悪のタッグ

987ec5ade207ab3835519143f6a8603a_s

新世代モンスターペアレントは、早ければ十代からSNSに親しんでいた世代です。

モンスターペアレントとSNSの組み合わせ……もう嫌な予感しかしませんね。

 

例えば、習い事教室で

「習い事のお迎えが遅れそうだから子どもを見てて!」

というモンスターな要求を、教室側が断りきれずに受けてしまって、

あそこの教室子どもを預かってくれるよ!☆(ゝω・)vキャピ

と、LINEのグループなどで拡散されてしまい、皆が教室を託児所のように使うようになった結果、経営者はノイローゼになり、教室を閉鎖せざるを得なくなったという事例があります。

 

 

この事例からわかることは、

モンスターペアレントの友達はモンスターペアレントである

ということです。

まあ、モンスターペアレントの振る舞いに疑問を持たずに付き合いを続けているのですからそうでしょうね。

 

要求を断ると、今度は

「なんでうちの子だけ!?」

と逆に炎上してしまうので、もう最初の要求を受けた時点でTHE ENDです。

すごい!北斗神拳みたいですね!!

広告


モンスターペアレントが生まれる本当の原因

16a7a289db23f4126a783053bd8068ee_s

よく、メディアなどでは、モンスターペアレントが生まれる原因を、

仕事が忙しく夫婦共働きも増えており、教育現場とのコミニュケーションが不足。その結果、学校、教師との関係が希薄になり、「関係が希薄な人間にどう思われてもいい」となってしまっているから

と結論づけています。

だから、もっと教育現場とのコミニュケーションを取ろう、と。

 

ちょっと待て

「関係が希薄な人間にならどう思われてもかまわないから、何をしてもいい」

とか思っている倫理観のお粗末な人間に、

「教育現場とのコミニュケーションを取ろう」

だと?片腹痛いわ!

 

そんな考えの人間に「コミニュケーション」なんて繊細すぎてレベルが高いのではないでしょうか。

というかそもそも、関係が希薄な人間には何をしてもいい、とか思っている人がコミニュケーションを取ったらナチュラルにモンスターになるのであって、そういう人は買い物をする時だってモンスターな客になるし、お客様相談センターに電話する時だってクレーマーになります。

 

つまり問題は、なぜか昨今、そういう人の痛みに対して鈍い人間が量産されていることです。すなわち、そういう価値観が流行しているということ。そしてそれを止めるだけの強烈なアンチテーゼがないか、あったのに存在感が薄まってしまったことです。

モンスターペアレントを生み出したのはブラック企業である

人は自分というフィルターを通してでしか、他者の感情を理解できません。

つまり、自分の痛みに鈍い人は他者の痛みにも鈍いのです。これは犯罪心理学でも証明されています。

 

こと、最近の企業の多くはサービス残業や休日出勤を強要したりと、価値と対価のバランスの明らかにおかしい過剰な労働が当たり前のようなところが多いです。

その中で、もう二度と戻ってこない「時間」を安売りor無償で放棄するという、本来であれば究極の痛みになることに何の疑問も持たない人が量産されているのだと思います。

 

これは正常な感覚では大きなストレスですので、いつしか自分を守るための防衛機構が働いて、知らず知らずのうちに美意識などを規定する主体としての自我を失ってしまったのでしょう。

 

「でも仕事だから……」

という魔法が通用するのはその会社の中だけであって、会社でいくら辛く厳しい思いをしていようが、それは自分の選択の責任。同じだけ会社の外で誰かに辛く厳しい思いをさせてもいいということにはなりません。

すごく当然のことだと思うのですが、学校を下請けの取引先だと勘違いしていたり、先生をデキの悪い部下か何かと勘違いしているモンスターペアレント諸氏にはわからないのでしょう。

もうこうなったら法整備しかないのでは?

なかなかの暴論ですし、いろいろ問題は多いと思いますが、この現状を変えるには教育現場がモンスターペアレントに対抗できるカードを増やすのが最善だと思います。

 

「『義務』なんだから給食費も学費も払わない!」

とかいうモンスターペアレントには、

「オッケー。明日から来なくてよし。その代わりお前の子どもの最終学歴『小卒』な」

と言えるくらいの権限を持たせるとか。

 

それか、先生方のお給料を、対モンスターペアレントの労力分も入れて爆上げするとか。

財源は世界でも類を見ないくらい高額といわれる国会議員の給料から回せばいいと思います。

理不尽こそ最高の教材である

私の小学校時代の担任に、今だったらネットでそこそこ炎上するくらいの酷い先生がいました。

細かいことを書くと先生が身バレしてしまうので、うっすらとお話ししますと、

■なぜか私ばかりを目の敵にする
■体罰は当たり前
■突然何もないところから怒鳴りつけてくる

という、なかなかの仕上がりの先生でした。

中でも、身に覚えがないところからいきなり殴られたりするのは辛かったですね。なぜなら、自分の中で起こったことを解決(処理)できないから。

 

たしかに、先生がしたことはあまり褒められたことではないですが、あの経験は社会に出てからいろいろと理不尽なことに直面したときに、免疫として働いてくれました。

 

社会に出ると、理不尽なことだらけじゃないですか。

「○○ちゃんだけ特別扱いされている!」

「私だけ断られた!」

そんなの社会だと普通でしょう。

 

「だから将来そういう状況になったときのために、声を上げて戦う方法を見せて教えてやっているのだ」

という人もいるでしょうが、子どもに社会経験豊富な大人と同じ対処法を見せて何になりますかね?

自分が不本意な状況に置かれたら、自分に否があるかないかの検証もせず、反射的に周囲を攻撃する大人になりませんか?

そういうときに必要なのは、一緒に考えてあげることではないでしょうか。

 

 

いろんな考え方はあると思いますが、一般的に学校とは社会に出たときの練習の場としての、社会の縮小版みたいなものといわれています。私も強くそう思います。

社会に無限にランダムに存在している理不尽に自力で対処する能力がなければ、せっかくいい学問を習得しても活かせません。

 

なので、学校内で起こっている理不尽に、親がしゃしゃり出てしまっては、子どものせっかくの理不尽への対処能力を獲得する機会を奪っていることになります。

そこを逃すと理不尽はお金では買えませんよ?

 

 

以上です。最後までお読み下さりありがとうございました。

 

★モンスターペアレントに困らされている方は、こちらの記事が参考になるかもしれません。

広告