悟り(のようなもの)を開きました。

あの日訪れた、時間にしてたった30分くらいの体験で世界が別物に変わりました。
私はあの時死んで、似たような外観を保った質の違う別の世界に転生したのではないか、と思うくらいに。


これはもともとあったもの。
みんなのもの。
誰でも持っているもの。


「いいものみつけたよ!」
「いっしょに食べよう!」


おいしいものは分け合うともっとおいしくなる。

喜びや幸せはそういう法則のもとにあるもの。
だから悟りも分け合いたい。
そもそも私の創作物ではないのだし、みんなの庭で見つけたいいものはみんなのものです。

BLOGS

  1. インナーチャイルドからの逃避「水色ワンピースの女の子」
  2. ブッダが言わなかったこと「退場させてない」
  3. 悟りを開いた後に厄介事が相次ぐ理由
  4. 般若波羅蜜多(Prajñā-pāramitā)を得るとこうなる
  5. ごみがかわいそうで泣いていた幼少期
PAGE TOP