ミロをお子ちゃまの飲み物だと思っている大人たちへ

朝餉の匂いのする追憶へとそっと連れ出してくれるリアルキャプ翼系の緑のパッケージ。一瞬心を抜けたひんやりとした風はあの朝の空気かそれとも後悔か。「子どもの飲み物にしておくにはもったいない」そんなことを思った秋の昼下がり。 「ミロをお子ちゃまの飲み物だと思っている大人たちへ」の続きを読む…

明日刀一本で2000人の軍隊に特攻するって時に読みたい松陰先生の名言

男にはやらなければならない時というのがある。明日めちゃ大事なプレゼンがある、という人もいれば、明日刀一本で2000人の軍隊に特攻を仕掛けなければいけない人もいるだろう。武運を祈らずにはいられない。ここでは、そんな「やらなければいけない」時に是非とも読みたい吉田松陰の名言を紹介したい。 「明日刀一本で2000人の軍隊に特攻するって時に読みたい松陰先生の名言」の続きを読む…

そして僕は○○になった(続ヘタな幽霊よりもポットン便所が怖かった)

前回、世界の中心で愛を叫んだ僕。僕の頭の中では実家のトイレは、便器の中からグレイ、小窓からはチュパカブラが覗くという恐ろしい場所だった。その結果、トイレをめちゃガマンするようになった。 「そして僕は○○になった(続ヘタな幽霊よりもポットン便所が怖かった)」の続きを読む…