ミロをお子ちゃまの飲み物だと思っている大人たちへ

朝餉の匂いのする追憶へとそっと連れ出してくれるリアルキャプ翼系の緑のパッケージ。一瞬心を抜けたひんやりとした風はあの朝の空気かそれとも後悔か。「子どもの飲み物にしておくにはもったいない」そんなことを思った秋の昼下がり。 「ミロをお子ちゃまの飲み物だと思っている大人たちへ」の続きを読む…