天国言葉鬼暗唱を始めていきなり変化が……(実践1日目)

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

天国言葉の鬼暗唱を始めて初日、いきなり感じ取れるレベルで変化があった。変なイメージまで降りてきた。え、なにこれスゴい。

心がクリアで穏やかに!そして降りてきたイメージ

結構な気合いで天国言葉の鬼暗唱を決意したはずだった僕ですが、一晩寝るとわりとめんどくさくなっていた。

まあ、新しい習慣とはいつだってそういうものなので、とりあえずやってみることにした。

 

天国言葉がどうしてもめんどくさくて嫌なら、何か他に代替案を出さなければならないのだけれど、それを考えるのはもっとめんどくさい気がした。

「もう二度とあんな思いはしたくない」

その気持ちだけはブレていなかった。

「とりあえず『いい』って言う人がけっこうな数いるんだから、やってみればいいんだわ」

 

朝起きてすぐ……はすっかり忘れていてハズしてしまったが、その日は道を歩いている時、電車に乗っている時、ぼーっと突っ立っている時、とにかくスキを見つけては心の中で唱えまくった。

いつもは本を持ち歩いているのだが、その日は置いてきた。

持ってたら絶対に、なんか都合の良い言い訳を考えてそっちに手を出す。

僕はそういうやつです。

 

 

そして、その日の昼過ぎのことだ。

本当は唱えた回数を正確にカウントするといいのだろうけれど、ちょっと現実的ではないので、タイマーで1分間に何回唱えられるのかを計って出た11回という数値をもとにざっくりとカウントすることにした。

つまり、天国言葉を心で唱え始めた時間と、何かでそれが中断した時間をざっくり覚えておいて、後で掛け算で回数に直すのだ。

その日はそこまででざっくり1時間、つまり660回かそこらは唱えていたっぽい。

 

ちょっと一息ついた僕は、自分の心がめちゃくちゃクリアなことに驚く。

例えば、健康になってスッキリして初めて「あ、昨日まで風邪引いてたっぽいわ」って気づくみたいな。

昨日までの自分がどれだけ心の中が忙しかったのかを実感する。

 

「こんな快適な意識状態もあるのか」

「こりゃやめられんわ」

そんなことを思った。

 

そして、突然、行ったこともないネパールかどっかの自然の中で、瞑想っぽいことをしている自分のイメージが降りてきた。

なんかしらんけど、めちゃくちゃ爽やかで心が思っきし解放されるような爽快感があったので、余計なことは考えないでそのイメージにありがたく浸らせてもらうことにした。

 

イメージをやめて現実に戻った時、なんか「え、ココどこ?」みたいな現実からの乖離感があった。

「あ、そうだ、こっちが現実だったわ」

この乖離感はまた、次の変化をもたらしてくれた。

 

僕は現状に並々ならぬ不満があって、今回の天国言葉鬼暗唱を決めた。

その、不満を感じる現状から、一時的にではあるが臨場感が切り離されたことで、戻ってきた時に、現状の真っ只中にいてはできない、現状を客観視(俯瞰)するということができた。

この視点(感覚)は、それまでなかった余裕を心に生み出した。

昨日の今日なので肩に力が入りまくっているのは仕方ないのだろうけど、まあ勉強にしろスポーツにしろ心に余裕はあったほうがポテンシャルは最大限出るもの。

 

さらに、だんだんと何でもできそうな、いけそうな気がしてきた。不思議。

お酒を飲んだ時以外でこんな万能感があるのはなかなか不思議だった。

なるほど、人は心がクリアになると万能感が出るのか。

広告


本当に天国言葉のおかげなのか?

気になったので調べてみたら、「ありがとう」という言葉には潜在意識と超意識(潜在意識の潜在意識みたいなの)をつなげるパイプをクリアにする効果があるそうだ。

事実、それを含む天国言葉を唱えまくっていた僕も、意識がクリアになって、よくわからんけど爽やか極まりないネパールのイメージまで湧いてきたのは前述のとおりである。

 

このパイプの流れを悪くするのは他でもない、ネガティブなマインド。

しかもストック型。

今まで自分が発信してきたネガティブな言葉や、外部からの刺激で自分の中に染み出したネガティブなマインドはすべてそこに動脈瘤みたいに残って流れを悪くしているらしい。

 

成功哲学本を開けば必ずといっていいほど出てくる、何でも願いを叶えてくれるという潜在意識。

その潜在意識のさらに先にある超意識(フロイトがいう集合的無意識みたいなの?)とのパイプの流れが悪いと、願いは圧倒的に叶いにくいそうだ。

 

「ありがとう」には意識のパイプの動脈瘤を除去する力がある、とのことだった。

そうか、それでそれを全部除去するのに「ありがとう」5万回か。

え、5万回で足りるの?

広告


天国言葉の記録を残そう|どうせやるならコレもやろう

とりあえず、初日の結果には大満足だった。

「じゃあ『ありがとう』以外の言葉の効果はどんな感じで来るんだろうな?」

「これはきちんと記録しておかんと絶対見逃すな……」

と思った僕は、ちょうど年始時期だったのもあって、その日の帰りに日記(1年)を買って帰った。

小学生以来だよ日記なんて。

余談だけどなんで日記ってあんな高いの?「○○さん監修の日記たまんねぇぇーー!!書いてるだけでシビれるゥ!!」とかあるの?

 

……で、ここでまたひらめきがあった。

昔買った本で、本棚の肥やしになっているのがあった。

めちゃめちゃいい本だったのに、結局読んだだけで実践しないままになっていたのだが、この1日目のワーク「今日幸せだったこと良かったことを3つ挙げる」を、ついでだから始めることにした。

だって天国言葉は良いことをもたらすのだろう?

だったら楽勝じゃないか。

■僕の習慣

  • 腸をケアしてセロトニンをキープ
  • 天国言葉鬼暗唱
  • 今日幸せだったこと良かったことを記録する←NEW!

※ちなみに、この記事もこの時から始めた日記をもとに書いている。

広告