転校生がウルトラセブンだった時の対処法

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

親が転勤族だった人はわかると思う。転校って緊張するよね。迎える側もすごくワクワクするよね。今日はもし、ウルトラセブンがクラスに転校してきた時のために、彼のスペックと接する上での注意点について解説したい。

たぶんナナメ上から来る

23567761

おそらく彼、モロボシ・ダンはスポーツバッグを肩から下げて、「やあ君たち☆」みたいなトレンディドラマっぽい爽やかさ全開な感じでくる。

でも、これが彼にとってのナチュラルなあいさつなので、「なにコイツ……」とか思って校舎の裏とかに呼び出したりはしないことだ。

もし、どうしても上下関係を教えたい時は、まずは説明しよう。それでも衝突が避けられない場合は、ベルトにくっついているタバコケースみたいなやつと、おそらくどこかのポッケに入っているカクカクした赤ぶちメガネを机の中にしまってもらって、さらに入念な身体検査をして丸腰なのを確かめてからにしよう。君の町が危ないぞ。

とかいっても……

27095131_391x636

「とかいってもウルトラマンでしょ?」

「3分逃げ回っときゃ楽勝じゃね?」

ニャメロン!たしかに他のウルトラマンならいいかもしれない。しかし彼にはそんな安い戦法は通用しないぞ!

なぜなら彼には3分ルールが無いんだ。いや、いちおうあるってことに後付けされて、おでこにあるランプが点滅するってことになっているんだけど、実際時間制限でそれが点滅しているのを見たことがない。

まずは落ち着いて、彼のスペックから一緒に戦い方を模索してみようじゃないか。

広告


彼の職業

22739013

他のウルトラマンが戦闘員なのに対し、彼は天体観測員だ。

基本、自由な風来坊だから地球に来たのも彼の個人的な判断。きっと君の学校に来たのも「なんか入ってみたかったから」みたいな理由だと思う。

しかしだからといって「ほら、やっぱしザコじゃん♪」とか思わないことだ。

彼の技とか武器とか

16558872

エメリウム光線、ワイドショット、ウルトラショット、ハンディショット、ウェッジ光線、シェイクハンド光線、ストップ光線、アイビーム、ウルトラスパイラルビーム、チェーンビーム、ハンドビーム、ラインビーム、手裏剣光線、ブレーク光線、ダブルビーム、ウルトラカプセル光線、リュウ弾ショット、パーフェクトフリーザー、トルネードビーム、ウルトラクロスアタッカー、スペシウム光線、アイスラッガー、ウルトラノック戦法、イリュージョニックスラッガー、ウルトラ念力、ボディスパーク、ウルトラバブル、ウルトラ水流、ウルトラバリヤー、ウルトラVバリヤー、テレポーテーション、ウルトラインパルス……その他、格闘技もめっちゃ得意という、どう考えても天体観測には必要ない贅沢すぎるステータスで、実際彼はウルトラマン中最強ともいわれている。よく考えて欲しい。こんな至れり尽くせりなヤツがお約束の3分を過ぎてもピンピンしているんだ。

この中でもとくに彼がよく好んで使ってくるのが、エメリウム光線アイスラッガーワイドショットの3つだ。順に見ていこう。

まだそんなに怒ってない?エメリウム光線

23567763

これは彼と対峙したときにまず撃ってくる光線だ。おでこのランプからビーッと出る。

ちょっとしたポーズがつくことがある。冒頭の画像みたいなポーズが基本だが、アイーンみたいなポーズの時もある。たぶん気分的なものだろう。これはただの直線的なビームなので、彼のその時の大きさにもよるが、うまく避ければ君の教室がふっ飛ぶくらいで済むぞ。

ちょっと頭にきた?アイスラッガー

25945310

あの頭についている鋭利な刃物だ。

メガネで変身するスタイルの彼はもともと「ウルトラ・アイ」という名前になるかもしれなかったんだ。その名残で「アイ・スラッガー」という。

よく「アイス・ラッガー」と間違われるけど、別に冷えていない。もしかしたら彼の逆鱗に触れるかもしれないので呼び方には気をつけよう。

「でもどうせブーメランでしょ?俺ドッヂボール得意だから避けられるよ☆」

おっとすまない。おっさんの説明が足りなかったようだ。このアイスラッガーは投げた後、彼の“ウルトラ念力”で自由自在に操作できるんだ。だから例え君がマッハ7で逃げてもどこまでも追いかけてくること間違いナシだ。もしかすると、彼自身がダガーみたいに手に持って追いかけてくるかもしれない。

完全にキレた!ワイドショット

33928839

腕の肘から先すべてを使って放ってくる、ウルトラマン中で最強の威力を持つという光線だ。スペシウム光線とかの比ではない。しかも、その気になれば3方向に同時に撃てるので逃げ場はない。これが出たらもう諦めた方がいい。大至急謝ろう。

ただ、超大量のエネルギーを消費するので、彼もあまり使いたがらない。太陽のエネルギーが源なので、彼と戦うことになったらまずは日陰か地下に誘導しよう。

もしカクカク赤ぶちメガネをうまく奪ったら?

21137833

「変身できないからいけるんちゃう?」

とか思わないことだ。彼が携帯するケースには3体の“カプセル怪獣”というのが封印されている。その時の気分で使い分けているようだ。簡単に説明しておく。

 

 

  • ミクラス:牛のような姿をした怪力怪獣。あまり頭は良くない。
  • ウィンダム:画像のやつ。おでこからやたらとレーザーを放ってくる。頭が360°回転するので広範囲攻撃が可能。両手を上げたら要注意だ。
  • アギラ:見た目に反して素早さが売りの怪獣。

ちなみに余談だが、ポケモンのモデルになったんだそうだ。

広告


ついにやった!丸腰のモロボシ・ダンと対決!

21951627_480x300

油断するのはまだ早いぞ!もしかするとM78星雲(実家)から彼の息子が飛んで来るかもしれない。

彼の息子の名はウルトラマンゼロ。彼が来ちゃった場合、もう無理ゲーだ。

そもそも彼は、持ち前の気性の荒さと素行の悪さで、しばらく宇宙の幽閉施設でセブンの愛弟子のウルトラマンレオから厳しいしつけを受けていたのだが、最終的にそのレオさえ蹴りでふっ飛ばしてしまう。しかもこの時、ウルトラマンの世界の王、ウルトラマンキング特製の養成ギブスでガッチガチに体を縛り付けた状態だったんだ。今はもうそれも外されているようだから、父親のピンチを救いに飛んで来た時は、全開フルスロットルの彼と戦うことになる。相手の技もすぐに自分のものにしてしまう、恐るべき戦闘センスの持ち主だ。

全開フルスロットルの彼は、全ウルトラマン中文句なしの最強といわれている。頭についた2本のゼロスラッガーからは誰も逃れられない。

逆にダンのほうから呼び出しを受けたら?

images

安心してくれ、彼は基本、傷つきやすいが心優しい人間なので、何か暴力的なコトに発展する心配はない。

たぶん、「僕は人間じゃない。ウルトラセブンなんだ」と告白されるだけだから、それは、君が彼に結構な信頼を置かれているという証拠。優しく聞いてあげてほしい。

もしかしたらそれを告げた後、彼は何処かへ飛んで行こうとするかもしれない。その時は地面に崩れて「ダン!行かないでぇぇ!!」と止めてあげて欲しい。

たぶん、それでも飛んで行ってしまうから、もう諦めて静かに空を見つめて彼を見送ってあげて欲しい。きっと、注射が嫌だったのかもしれないね。

やっぱり仲良くやろう

ダン

どう好意的に見ても、僕や君たちに勝ち目は無いようだ。まず、気さくでフレンドリーな彼との間に上下関係を叩き込まなければならないようなことはないから、仲良くやろう。

仲良くしていれば、もし君が病気になった時に、彼のお得意のミクロ化で君の体内に入り、体の中の悪い物を直接倒してくれたりするかもしれない。

この愛すべき天体観測員をどうかあたたかく迎え入れてやってほしい。