西日本インスタントラーメン戦争

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

“西日本”といっても主に中国、九州地方で昔から熾烈に繰り広げられているインスタントラーメン派閥闘争について話したい。転勤やなんやでそっち側に行くような場合は、知っておいて損はないと思う。

広島の絶対王者「出前一丁」

image

【味】あっさり醤油味

【属性】広島カープ

このラーメンを愛する人にはなぜか広島カープファンが多い。パッケージの色が赤だからかと思っていたが、かつて本当に広島カープがCMに出ていたようだ。

あっさりとした醤油味だが、なぜか他の醤油ラーメンでは代用がきかず、不思議とまた食べたくなる逸品。インスタントラーメン好きのおなじみのひと工夫“必殺卵落とし”も恐ろしいくらいにハマる魔法のスープ。僕のオススメは、火を止める前に卵を入れてある程度かき混ぜてしまうことだ。あっさりのスープにコクとまろやかさが出て、きっと食べ終わった後にあなたは炊飯器とにらめっこをすること間違いなしだ。

九州の不動の帝王「うまかっちゃん」

products_01img

【味】わりと遠慮のないとんこつ

【属性】読売ジャイアンツ(非公式)

僕はどちらかというとうまかっちゃん派だ。好きすぎてよくネットで注文するし、正直「うまかっちゃん」なんて馴れ馴れしく呼べない。うまかっさんだ。

これはちゃんと臭いとんこつ。おっと!「臭い」はとんこつラーメンにとっては最高の褒め言葉なんだぜ?オススメはちょっと濃いめに作って、残ったスープにごはんを入れてねこまんまにして食べること。お酒を飲んだ後のシメには最高だ。

東日本ではなかなか売っていない、というか九州のアンテナショップにでも行かないと売っていない。東京なら有楽町の駅前にあるので、近郊の人はぜひ立ち寄ってみてほしい。

読売ジャイアンツの件は実はよく知らない。なんか昔からそんな風に言われていた気がする。たぶんパッケージの色が原因だと思う。

products_05img products_06img products_03img

こういうご当地系の亜種もある。しかもちゃんと味が違っていておもしろい。

鹿児島黒豚とんこつ

個人的オススメ度:

パッケージにもあるように、焦がしねぎが入っている。ほんとうに香ばしい香りがして、ちょっとビターというか重みのある深い味わい。

久留米風とんこつ

個人的オススメ度

「 久留米風」以外にとくに何の説明もないのは、とんこつ界には久留米ラーメンというジャンルがあるからだ。この久留米ラーメンの最大の特徴はそのスープの濃さ。もう超とんこつ。そしてすっごい臭い。

たしか山口県あたりまでなら久留米ラーメンの流派を受け継いだラーメン屋さんがあるはず。

熊本火の国流とんこつ

個人的オススメ度

パッケージの通り香ばしにんにく風味だ。とんこつラーメンとにんにくは神が人類に与え給うた黄金の組み合わせだ。東日本ではあまり見ないが、とんこつラーメンのお店はテーブルにすりおろしにんにくが常備されていて、みんなそれをお好みの量入れてから食べる。だから、僕はラーメンはギョウザと同じくお昼休みに食べてはいけないものとして教わった。

広告


高みの見物「焼豚ラーメン」

0001_main_image

うまかっちゃんでも物足りないという人にオススメ。「九州とんこつ味」とか書いてあるが、中はバリバリの久留米とんこつだ。もう遠慮の「え」の字もないくらい全力のとんこつ。

全国区だと、スーパーカップのとんこつがなかなかいい線をいっていたが、最近スープのとんこつっぽさを落としてしまったのか上品になり、なんか物足りなくなってしまった。そういうのとは対極の、もう荒ぶる猛とんこつ。1978年からずっと同じ味を貫いているという、まさに九州男児の男気すら感じるラーメン。

近所にアンテナショップが無い方へ

もし「食べてみたいけど、近所に売っていない!」という人がいたら、ネットで注文しよう。僕もよくうまかっさんをネットで注文してストックしておいて、とんこつを知らない友達やなんかに食べさせてドヤ顔をするという健康的な趣味に使っている。

日清食品 出前一丁 5食パック

日清食品 出前一丁 5食パック
価格:375円(税込、送料別)

広告