人生に疲れた私が向かった先

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

一昨年だったか、なんか突然心の糸がプッツリ切れて、ひとりになりたくなった時がありました。都会の喧騒を離れどこか遠くへ行きたい。どうせ行くなら生まれ故郷と同じ港町がいいな。とかそんなことを思って、ふらりと部屋を出ました。

遠い静かな港町

10484664_323131791194589_2915216448749120094_n

稚内に来てみました!!

生まれて初めての、北海道はWAKKANAIです。

とりあえず初日の夜は勢いのままに、

S__131727370

ウニ&いくら丼を食べました!

中でもビックリするくらい美味しかったのが、

img1467150054078

このわかめの味噌汁!!

さすが日本有数の昆布どころです。わかめすら次元が違います。なんかドラクエでレベル上げの為にってフィールドで絶対渡ったらヤバそうな橋を渡った後にエンカウントしたしょーもない敵がめちゃくちゃ強かったような気分です。

実は、このときスマホを持ったばかりでしたので、狂ったように写真を撮りまくったのですが、先日蝋村のトイレにて夏を待ちきれないスマホが入水致しました際に、大半の写真が道連れとなりました。悲しいです。

なので、使えそうな写真が、ほとんどありません。

ccc

 

「コンビニくらいちょいちょいあるやろ」

と、ほんと田端から御徒町に買い物に行くくらいの軽装で来てしまった私は後悔することになります。(後述)

車もないですし、

2016y06m29d_072603691

こんなかんじで稚内から先は電車もないので、行動はすべて徒歩の予定でした。

とりあえず座右の銘が「突撃」の私は、まず「すぐそこ」的な看板の出ているノシャップ岬とやらを目指して歩き出しました。

やばいしぬ

歩けども歩けども、岬っぽいところは見えてきません。

それどころか、人っ子一人歩いていません。

暑いわだるいわで、水分補給をしたくて辺りを見回すもコンビニはおろか自販機すらないというサバイバルタウン。

しかも着いて早々、ビールで祝杯なんかしちゃったもんだから、喉が渇くわ渇くわ。

bbb

「まずいこのままでは熱中症になるかも」

あれ本当に頭がぼーっとしてくるんですね。

時々聞こえてくる水産加工場か何かの水音を、喉から手が出るほど美味しそうに感じながらふらふら歩いていると、

Hv3OD9kWQnd99av1467152463_1467152468

セイコーマートノシャップ店が目の前に現れたのです!

おお神よ!助かった!!

しかも名前がノシャップ店て、もうちょっと感ハンパない!!

念の為、店員さんに

「ノシャップ岬って近いですか?」

って聞いてみました。すると、

「そりゃもう、だってここノシャップ店ですよ?w」

って半笑いで返されました。店の周りにそんなに岬感ないけど地元の人が言うんだから!と私は俄然テンションアゲアゲになって力を取り戻しました。

広告


ノシャップ岬

そこからけっこうありました。

「やっぱり北海道の人の『すぐそこ』は信用できねえだ!」

とか思いながら歩きました。

でも今Googleマップで見たら1kmくらいだったので、疲れていたのかもしれません。

10527805_306178516223250_9068936733198283433_n

たぶんこれがノシャップ岬の画像です。SDカードの中に残っていました。(もしかしたら瀬戸内海かもしれません)

1

観光協会のHPからお借りしました。

なんかサンセットが綺麗らしく、

「今日の日没は○時です」

とか看板が出ていましたけど、この時はあと3時間くらいありましたので待たずに帰りました。

結局何をしに行ったのか

なんかいろいろと行き詰まって逃げ出すように来た稚内でしたが、

ノシャップ岬に行った以外はほとんど海辺で体育座りをして過ごしました。

 

結局何も解決しませんでした!!!

やっぱり現実逃避はダメですね。この歳になってそんな当たり前のことを学んだ気がします。

 

いや、すっごい良い思い出になりましたし、また行きたいと思いましたけども。

今はもうパーティーピーポーなので、次は思いっきり満喫できそうです。

また行くぜ稚内!歓迎してくれたら嬉しいなっ!

IMG_1128

くいっ