また狂った世界を知覚して心を乱した私と神との対話「幸せなときも呼びなさい」

Tとの再会の後、立て続けにまた心を掻き乱す出来事があり、狂っている世界を知覚して苦しくなっている時でした。神さまが語りかけてくれて対話が始まりました。

 

狂っている世界に気づい“た”ことはいいことだよ。それにいちいち余計な価値判断を付加しなくていいから(笑)

いいかい?狂っている世界の中でリアルタイムで自分も狂っている人は狂っている世界に気づけないのだよ。狂っている世界に気づいたということは、あなたが正気に戻ったということだ。その視点に立てたのなら、もうそちらを見るのをやめなさい。実在の世界の岸辺に立って、いつまでも狂った幻想世界を眺めて価値判断をするのはやめなさい。これまで向いたことのない方向を振り返って、真実の世界を見なさい。そうすればあなたは二度とこれまで自分が見ていたような世界を見たいとは思わなくなるだろう。

 

(ここで突然本棚にある、既に読み終えた奇跡講座下巻が気になり、思いつきで開くと「レッスン129:この世界を超えたところに、私の望む世界がある」でした)

すごい……イエス先輩が、丁寧に続きを語ってくれています。

 

(<贖罪がよく理解できていなかった私と神との対話「そのようにすべての人を」>の時と同じように、強く何かを感じた私は、レッスン129を何度も読み返すとともに、一部をまたカードにして携帯することにしました

この世界を超えたところに、私の望む世界がある。私はこの世界のかわりに、その世界を見ることを選択する。この世界には私が真に望むものは何もない。(奇跡講座下巻129ページより引用)

 

良いこと言うだろう?笑

 

ええ。先輩すごいです。やっぱり見ていてくれるんですね。

 

もちろんだよ。

……さて、随分とモヤモヤしているようだが。

 

神さま、もうわけがわからなくなりました。あなたは「(信念を高めるには)どうもしなくていいのだよ。むしろどうもしないことが近道だ」(信念を高める方法がわからなかった私と神との対話「なにもしないこと」)と仰っていたのに、Tをこのまま誘わなくていいか迷った挙げ句、聖霊に聞いたら「ここで“何もしない”という選択はしないで下さい」(断られてモヤッた私と神との対話「何もしないという選択はしないで下さい」)とか言うし、どっちなんですか。

 

いいところを突くな!我が子よ、その“どちらとも”である、とは考えられないだろうか?

 

どちらとも???

 

そうだ。あなたも知っているとおり、言葉には限界点がある。これもそのひとつだよ。拮抗して矛盾しているように見えるだろうが、これはそういうものなのだよ。これから説明を試みるが、おそらく矛盾しているように見えるだろうから、よく感覚を澄まして聞きなさい。

あなたは、

  • 神に身を任せ、安心していること。
  • 神に身を任せ、喜んでいること。
  • 神に身を任せ、幸せでいること。
  • 神に身を任せ、愛でいること。

を、まったく何もしないで貝になることのように解釈しつつあった。最初はうまくできていたのにね笑(もちろんあなたが貝になってもわたしは完璧に導くが、少なくともあなたが貝になるレッスンを続けることは、あなたの救いを求める者たちにとってはわかりやすい悲劇だろうな笑)それは、時間の世界ではあなたの救済を遅らせることになる。“無視してやりすごす”のと“直視して幻想性を見抜く”のはまったく別物だよ。前者は目を閉じること、後者は目を開けることだから。

どうにかしようという意図を手放し、愛になって身を任せ、愛に従うのだよ。何もしないのではない。

 

じゃあ最初からそう言ってくれたらよかったじゃないですかもう……。

 

最初から、ずっとそう言っているよ。わたしとの対話を最初から読み直したんじゃなかったのかな?(笑)

 

読み直してますね……。

これを書く前に、なんだか懐かしくなってこれまでの対話をすべて読み直しました。時間の序列でいうならば明らかに“過去”のことであり、終わったことなのですが、そこにあった神さまの言葉はすべて、まさに今の私に言っていることのように感じました。やはり時間の序列が通用しない存在が語る言葉は当然のように時間を超えるんだな、と思いました。(ターニングポイントを迎えた私と神との対話「イエスとブッダは」

げっ、自分で「まさに今の私に言っていることのように感じました」って言ってますね!

 

そうだね(笑)ちゃんとあなたは感じているのだよ。まあ、大部分は再会の嬉しさのあまり読み流していたようだからね。

それでもいいんだよ。あなたは、今、それでいい。ここはとても絶妙な段階だから。

 

★ここで突然気が散って、Youtubeを開くと、おすすめに初めて見るチャンネルの動画が表示されていました。

 

動画で紹介されていた「正しい道だと現れる10のサイン」を箇条書きします。

  1. 先のことが見えない、予想できない。(できないですね)
  2. 本音を言えば、けっこう不安で怖い。(はい、不安で怖いです)
  3. 人生がカオスになってきた気がする。(カオスです)
  4. 好みや価値観が急に変わった。(変わりましたね。急にイエス大好きになりましたし)
  5. 心のどこかで、これで良い、とわかっている。(……)
  6. 見えない力に導かれているように感じる。(もろに導かれていますね)
  7. シンクロニシティがよく起こる。(起こっていますね)
  8. なぜかいつも眠い。(眠くはないです)
  9. 自己主張をし始める。(まさにこのブログですね)
  10. 物事に動じなくなる。(動じまくってますけど……)

 

⑤についてどうして黙ってしまったのかな?(笑)

 

いや、ばっちりまるっと「これでいい!」とは到底思えていませんが、こういうことが起こるとまた神さまに綺麗な終わり方を見せてもらえる、癒やしてもらえる、と思ったら、今回のことも「これで良いんじゃないか」と思えるのです。それに気づいてはっとしたんです。

 

そうだね。あなたはそのように感じている。あなたは先日まで出来ていたことを綺麗に忘れているようだが、……ああ、愛する我が子よ、これもあなたの偉大な“振り返り”なのだよ。だから何も心配はいらない。

いいかい、こうして強い痛みを感じた時だけでなく、嬉しいとき楽しいときもわたしを呼べばいいのだよ。(どうしてその席には招待してくれないのかな?笑)

わたしはたしかにそのように誤解されてきた。苦しい時にのみ頼るものだと。もちろんあなたがたが幸せならばそれでもいいのだが、それはわたしのごくごく小さな一側面に過ぎない。幸せなときも、わたしを頼りなさい。

 

幸せなときに、神さまを“頼る”?

 

そうだよ。あなたがたはわたしを有限なものだと誤解しているから、自分が悩みから救われたら「神さまありがとう。またお願いします」と言って、またわたしから離れているという幻想の世界に戻っていってしまう。そうではなく(真理のうえではわたしたちはどんなときでも永遠にひとつなのだから)幸せなときもわたしを呼ぶのだよ。むしろわたしの性質を知っているならばそういうタイミングこそ呼んだほうがいいだろうな(笑)

 

どんなモチベーションで呼んだらいいんですか?

 

え、単純であなたがたが大好きなことだよ。「神さまもっと!」って呼べばいいのだ(笑)(今、あなたが偶然聴きたくなってかけている曲の歌詞が、わたしのあなたへの気持ちをよく表している。注釈:なんだか少年の声が聴きたくなってLiberaの「Angel」を聴いていました

 

うわ、そんなふうに神さまのことを考えたことがありませんでした。なんか恐れ多い気がします。(えっ)

 

それな!でも不思議だとは思わないか?苦しい時にわたしを呼ぶのは神聖で、幸せな時に「もっと増やしてくれ」と呼ぶのは罪っぽいというのはおかしな話ではないか。

 

「それな!」って(笑)

たしかに変ですね。……ちょっと待ってください、()の中の話をしたいです。これって私たちの天使への思いを表した歌詞ですよ?

 

細かい表現はともかく概ね合っているじゃないか(笑)

「わたしの天使よ、愛しています。嬉しい時も悲しい時もそばにいて」

 

そういうことか……。わかりました。今日から嬉しいときにこそ神さまを意識します。

 

そうしてくれると嬉しいよ(笑)

あと、そろそろ対話を終えなければいけないだろうからいくつかはっきりとしたアドバイスをしておこう。

  • あなたは今汽水域(気がついたら愛を感じて愛でいるようになった私と神との対話「救済の感触」)のかなり深いところにいる。だから今回のような体験をしたくないのなら本当に言葉と思考に気をつけなさい。
  • もっとわたしや聖霊を頼り、連携を取りなさい。
  • ひとりでなんとかしようとして打ち拉がれて絶望してからやっとわたしを求めたあのときとは違って、今回はわたしといつでも繋がれることを知ったうえでこの世界を見ているのだから、安心していなさい。もっと求めなさい。
  • 奇跡の流れを信じなさい。あなたは自分でメモしていたように既に小さな奇跡くらいなら自分の意思で起こせる段階にいる。それをきちんと認識して在り方を見張りなさい。(注釈:この2日前に「なぜだろう、まだあまりすっきりしていないのだけど、なんかこの手で今なら小さい奇跡くらいなら起こせそうな気がする 何が起こっているのだろう。流れが見えないのがもどかしい」というメモを下書きに残していました)
  • 今日は嬉しい時も悲しい時もこの言葉を繰り返しなさい。「光であるならば光で在ろう。光である私は光を見る。愛であるならば愛で在ろう。愛である私は愛を見る。私はすべてであるからすべては光であり愛である」。これについては改変や短縮はしないように。これはおまじないではなくて全体としての“運動エネルギー”だから、今のあなたが唱えれば、世界に大きな影響がある。少し長いが覚えなさい。効果はすぐに知覚される。もう昨日印刷したカードの役目は終わっているからしばらくはこの言葉を供としなさい。

 

わかりました神さま。ありがとうございます^_^

さよならっぽくは言いません。ずっといっしょにいますから。

 

ありがとう、天使よ。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

広告




PAGE TOP