人工甘味料を断ってみてわかったこと

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

人工甘味料は体にめちゃ悪い?「ハイハイ陰謀論者乙」「俺は無敵だから関係ない」とか思っていた僕ですが、ひょんなことから結果的に人工甘味料を断つ生活になり、けっこうな驚きの変化がありましたので、お話しさせていただきます。

身の回りにある人工甘味料

3c7b75ca57878f3e3cd511c62ae11c37_s

◆アセスルファムK
砂糖の200倍の甘味をもつ。ドライで後を引かないすっきりとした甘さだが、苦味をもつので、アスパルテームと一緒に使われることが多い。
113004動物実験では肝機能障害や免疫力の低下がみられた。

◆アスパルテーム
砂糖の100~200倍の甘味をもつ。後からくるタイプの甘さ。アセスルファムKと1:1で配合すると、砂糖とそっくりな甘さになる。
113004気分障害、鬱、不眠症、アルツハイマー、知能低下、頭痛、視力低下、脳障害、腫瘍などの副作用があることが、多くの研究機関から報告されている。

◆スクラロース
砂糖の600倍の甘味をもつ。体内で消化吸収されず、24時間以内にほぼ100%が排泄される。
113004腸内の善玉菌を50%くらい殺してしまう。→免疫力が下がる、体温が下がる、病気がちになる、体臭がキツくなる。

最近、「ダイエットなんちゃら!」とか「カロリーゼロ!」とか謳う食品が市場に溢れていると思いませんか?コンビニ生活をしているととくに、そうじゃない商品を探すほうが難しいくらいのように感じます。そういったカロリーゼロ系の食品に必ずといっていいほど使われているのが、上記の人工甘味料です。

僕の場合、お酒が大好きで、当時は安くてシッカリ酔えるストロング系チューハイを好んで飲んでいました。不思議なことに、市販のストロング系チューハイってほぼ「カロリーゼロ」なんですよね。

「別にカロリーとか気にしてないっつの」

とか思っていましたが、いつも売っているストロング系のチューハイがそれしかないので、結果的にそればっかり飲んでいました。

僕の体に起こった変化(後日談)

すっごい飲む日とまったく飲まない日をきれいに均すと、おそらくここ3年くらいはほぼ毎日500mlは飲んでいたと思います。日頃、お菓子を食べたりジュースを飲んだりもしないので、そのくらいの不摂生はむしろちょうどいいくらいだろうと思っていました。ところが、

113004rとにかく精神的に不安定!
もう不思議なくらい心に踏ん張りがききません。小さいことで心がめげるわ気分は安定しないわ不安でいっぱいだわ、もう終始心は大騒ぎでした。

113004rとにかく無気力!
もう何をするにもやる気が出ません。いろいろテンションを上げるノウハウを実践しても、それなりに火はつくのですが弱く、気がつけばまた無気力状態になっています。それ故常にエンジンをかけ続けていなければならず、心労が嵩みました。

113004r腸内環境が最悪!
生まれつき腸はそんなに強くないので仕方ないのかと思っていましたが、それにしても腸内の病気が心配になるくらいのくっさいモノが時々出ていました。人前でうっかりオナラとか出たらどうしようといつもヒヤヒヤしていました。食生活も人よりもシンプルで、しかも腸内系サプリでケアまでしているにもかかわらずその状態でしたので、丸腰だったらほんと死人が出ていたレベルだと思います。

113004rどうしたマイサン!?
我がシンボルに覇気がありません。全盛期は過ぎたとはいえ、あまりに元気がなさすぎます。悲しいです。賢者タイムを重ねるあまりついに本物の賢者になったかとも思いましたが、ちょっと早すぎます。男性の場合、性欲を司る脳とやる気を司る脳が同じところにあるので、まだまだ道半ばにある僕にとってこれは由々しき問題です。

113004r物忘れが激しい
いや、もともと良い方ではないのですが、それにしてもひどいレベルでした。マジで一回病気を疑いました。

……のような、もうほんとめんどくさい不具合に日々苦しめられる結果となりました。

やめた理由とやめて起こった変化

①なんか味に飽きちゃった
②舌がしびれるようになった
③行きつけのコンビニの新人店員の接客がムカついて、無理してでも最寄りのスーパーへ行くようになった

という理由がマイルドにハーモニーを奏で、僕はストロング系のチューハイをやめました。スーパーに行くと、やっぱりより安いものに目が行きますしね。スーパーのオリジナルブランドのチューハイが大味でマズいのは知っていましたし、そうなると全国のお父さんたちの強い味方、第三のビールに行き着きます。(酒をやめろよ!というツッコミは心にロンギヌスですのでやめて下さい)

するとどうでしょう、

103753r精神が安定する!気分をコントロールできる!
身の回りの、これまで身につけてきたテンションを上げるノウハウの効力が倍々以上になりました。軽く人生イージーモードになった気分です。「ふざけんな効果ねえじゃんか!!」って毒を吐いた古今東西の著者のみなさん本当に申し訳ありませんでした。

103753rやる気爆発!!
……とまではいきませんが、めんどうなことでもやろうと思えばそれなりにやる気を持って出来るようになりました。

103753r腸内環境が安定した!
精神状態と腸内環境は連動するので、当然ここも良くなったのだと思います。何をもって「良くなった」と定義していいのかわかりませんが、少なくとも下痢や便秘をすることがなくなり、またオイニーもツイキーではなくなりました。

103753rおかえりマイサン!!
やる気!元気!b……(自主規制)

103753r知識欲がなんかスゴイ!
目に見えて物覚えが良くなりました。おかげで何でも勉強してやろうという気持ちが出てきて、もう毎日ハッピー極まりないです。可能なら今のこの情熱をそのまま子供時代の僕へインストールしたいです。

……見てください、今までジメジメとして寒かった暗いリビングが、陽の光をいっぱいに取り入れる大きな窓と爽やかな風を通す吹き抜けで、家族みんなが笑顔になれる場所へと生まれ変わりました。ここにも匠の遊び心が溢れ出ています。

広告


中でもとくにヤバいアスパルテーム

アスパルテームの正式名称は

「a-L-アスパルチル-L-フェニルアラニンメチルエステル」

といい、カロリーこそ砂糖と同じで1gあたり4kcalですが、甘さが200倍なので使用量を200分の1にでき、結果低カロリーになるのです。

このアスパルテームは、体内でインスリンとレプチンというホルモンの分泌を超促進します。このホルモンはどちらも新陳代謝を抑制する作用があるので、結果的に低カロリーなのに燃費が悪くなって痩せにくいとかいうよくわからん状態になります。

さらに、主成分のフェニルアラニンは、脳にもろ興奮作用をもたらします。何でもそうですが、脳に作用する系の物質はダメです。カフェインですら副作用があるというのに。

また、最後のメチルエステルですが、体内でメチルアルコールに変わります。メチルアルコールが猛毒なのは中学の理科でも習う有名な話ですね。小さじ一杯で失明、大さじ一杯で死にます。いわゆる神経毒というやつです。全然関係ないですが、テトロドトキシンとかサリンも神経毒です。

つまり、摂取を続けていると、中枢に悪さをしますので、冒頭で書いたような肉体の不具合のオンパレードになるわけです。

おわりに

「人生太く短く」

「小さいことは気にせず豪快に生きてこそ男」

とか思っている僕ですが、もう恐ろしさを身を持って知ってしまったので、最近では何か買うときに必ずこれら人工甘味料が入っていないかをチェックするようになりました。

逆に、もし上記のような不調を感じられてお困りの方がいらっしゃいましたら、まず日頃摂っている食品の中に、これら危ない人工甘味料が含まれていないか見直されてみてはいかがでしょうか?

人工甘味料は中毒性があるししかも天然甘味料より低コストだからコストカットにもってこいなんですって!あと日本には罰する法律もないし!

言いたいことを言ってスッキリしたところで、終わりに致します。ありがとうございました。

★続編?⇛簡単!お手軽!味付き肉の恐怖

広告